体に優しい自然住宅を建ててみる|環境に優しい家作り

つみき

明るさと土地の関係

住宅模型

採光がポイント

鎌倉にも敷地延長区画は存在し、デメリットを可能な限りメリットに置き換えた住まいづくりが展開されています。接道面から奥まる宅地で、干渉されにくく、交通手段が車の場合にもカースペースを有効に取れる魅力があります。その一方で、日当たりで不利なイメージも少なからずあります。一戸建て住宅の多くは一階にリビングが設けられていますが、敷地延長区間では窓の位置や大きさの変更による採光の工夫が常識となっています。また、整形地でも日当たりを確保したい場合、2階にリビングを施すケースもあります。通風面の確保も目的に挙げられる他、間口が狭い分、勾配天井と組み合わせるなど、開放的な居住空間が鎌倉での区間でつくられています。通常ならば、南向きのLDKが確保されることが多いのが特徴ですが、鎌倉の気候風土によって熱がこもりやすいのも一戸建て住宅の難色の1つです。窓を配置し、採光に配慮することがポイントですが、せっかくならば形やサイズなどにこだわるのも賃貸物件には真似できない工夫です。その際にも耐震面を考慮する設計は要で、窓の数や大きな窓の配置では専門家へ相談が必要です。鎌倉の敷地延長区画での一戸建て住宅には、2から3方向などで採光が確保されていますが、プライバシーの配慮も十分に行われています。例えば、隣地に接した西側、水周りが集中する北側には実用的や標準的な窓を採用しているパターンが多いのも特徴的です。こうした点を踏まえた上で、暗くなりやすいスキップフロアに3連の装飾窓を配するなど、組み合わせによる開放的な空間仕上げが期待できます。整形地や敷地延長地の一戸建て住宅の購入や建てる際には、照明器具に頼らず、自然光の採取はカギです。自然エネルギーによるエコ住宅のみならず、健康面にも影響力が挙げられているほどです。